在宅医療機関の方はこちら

様々な課題や問題

緊急一次(夜間・休日)対応、夜間、休日のスタッフ確保が難しいといった在宅医療を行う医師の方が直面する様々な課題や問題を解決し、医師・患者・ケアマネージャーによる「医療・介護の連携」をスムーズに行える在宅医療支援システムをご提案します。

愛ことば見守りサービスを用いた在宅医療支援システム

愛ことば見守りサービスを用いた在宅医療支援システム
緊急一次(夜間・休日)対応が難しい。
夜間、休日のスタッフ確保が難しい。
在宅支援病院との差別化。
診々連携の難しさ。
患者の独居化。
患者さんから、夜間・休日の
相談が増えてきた。
例)夜、不安で寝付けない。
相談相手、話し相手が欲しい。
次のデイサービスの予定を忘れた。
[緊急通報]
コールセンターで24時間365日一時対応。医師・家族への連絡、救急車手配などの対応を行います。
[安否確認][お元気コール][相談]
[生活支援][緊急通報]

患者様の生活を医師に代わってサポート。他の診療機関との差別化を図ります。
[相談][生活支援]
24時間365日体制のコールセンターで患者様の相談にいつでも対応致します。

医療に関わらない、患者様の生活面のサポートをあんしんセンター高松が対応します。

  • システム上で毎日のお元気(安否)確認をします。
  • 緊急通報対応として(緊急ボタンが押された場合)
    ・緊急相談プロトコール(緊急度・重症度判断)
    ・担当医への連絡
    ・近隣支援者への駆けつけ依頼
    ・担当医への患者の近況報告の連絡を行い、担当医師の指示により救急車手配
     ※担当医と連絡が取れないときは、即時に救急車要請を行います。
  • 相談通報に丁寧な対応をします。
  • 月に一度コールセンターから患者宅へ電話をかけ、様子確認や登録情報の変更を行います。
  • 患者様の相談内容などを定期的に担当医、必要であればケアマネージャーに報告します。
  • 必要に応じて、ケア管理を行っております。
  • 毎月患者様の通報状況をレポートにして送付致します。

緊急・相談・安否 3つのボタンで繋がる安心

緊急・相談・安否 3つのボタンで繋がる安心

提携先医療機関

あんしん見守りサービスは、在宅医療機関で数多くの導入実績があります。
緊急時の一時対応や、日々の患者様からの相談など、多岐にわたる在宅医療医の業務を軽減し、医師が医療行為に集中できるよう、サポートに努めています。

これらのサービスが評価され、全国131の在宅医療機関で導入いただいております。

メールでのお問い合せ・資料請求はこちら
ページの先頭へ